STEP2. 付加価値をつけて高く販売する方法

2013.11.8|【3】たったの3STEP!メディア販売ビジネスとは?

このエントリーをに追加
Check

■STEP2. 高く販売する為の付加価値をつける

 

 

次にステップ②の高く販売する為の付加価値を付けるです。

 
ココが一番の肝の部分です。

 
なぜかと言うと、コレが出来るようになれば
ライバル不在のブルーオーシャンで稼ぎまくる事が
可能になるからです。

 

 
具体的には、他の販売者の販売価格を全く無視して
自分の売りたい価格で販売できるようになります。

 
要は、他のライバルたちが激しい価格競争で
しのぎを削っているのを横目に、

 
あなただけは高く販売して、しっかり利益を確保できるという事です。

 

 
ここまでの話を聞くと、もしかするとチェーン店に仕入に行っても

 
『ライバルが多くて良い商品なんて残っていない・・・』とか、
『誰でも仕入れることが出来るから価格競争が激しくて
利益なんてほとんど残らない・・・』

 
と、思われるかもしれません。

 

 
でもそれは、このステップ②を全く、もしくはほとんどやっていない、
いわゆる巷の転売屋さんと、『せどらー』さんの話です。

 
店舗で見かけるバーコードリーダーなどの機械を使って
ひたすら検索しまくってる人たちの事です。

 
それでも実際には稼げるのでしょうが、
私はやりません。

 
価格競争に巻き込まれて利益を削りたくないですし、
何よりそのスタイルでは楽しくないからです。

 

 
ひたすら商品棚の左から右まで
バーコードリーダーでピッ、ピッと検索していく・・・

 
はっきり言って私にとっては苦痛です。

 
彼らが何をやってるかと言うと、
ネット上での市場価格の最安値を検索してるんです。

 
そして、その最安値と店舗での販売価格を比べて
差があれば利ざやが取れる、というわけです。

 

 
彼らが仕入に求める基準はとにかく安さです、
いかに市場価格よりも安い商品を見つけるか?
ココにフォーカスします。

 
そうすればライバルよりも安く販売できるので
スグに売れていくだろう、と考えているわけです。

 
なので必然的に価格競争が激しくなります。

 

 
でも、私が実践するメディア販売では
彼らは全くライバルになりえません。

 
私はこのステップ②で付加価値をつけて高く販売する事に
フォーカスしてますので、そもそも仕入れる商品がかぶりません。

 
彼らにとって、私が仕入れる商品は
ネット上の最安値と比べると高過ぎて手が出ないからです。

 
なので、私はどこに行っても商品をコンスタントに仕入れられますし、
価格競争が激しいと言われている中、影響なくどんどん稼ぎ続けています。

 
具体的なノウハウについては別の記事で詳しく書きますが

ココでは、激しい価格競争に突っ込み自分の首を絞める必要はない

 

 

という事をインプットしておいてください。

 

 

次の記事では、パソコン初心者でも全く問題なく

誰でも簡単にインターネットで販売出来る方法について

解説しますのでお楽しみに。

 

 

ではでは。

この記事にコメント

*

トラックバックURL